内視鏡について

2021年3月にOLYMPUS EVIS X1と呼ばれる内視鏡の最新機種を導入しました。


当院での診断、処置における主な利点は以下になります。
1. 大幅な画質の向上(4K)から全般的に診療の質が向上しています。
2. 新機軸により、大腸内視鏡が従来より楽になるものと考えています。
3. 大腸ポリープを中心とした病変の診断、ポリープを切り取る処置に際しての大幅な質の向上が実現されています。
4. 食道、胃、十二指腸の粘膜面の詳しい評価や、小さな病変の診断に役立っています。

banner_evis-x1.jpg
EVIS X1_1.jpg
GIF-H290Z_1.jpg
GIF_H290Z.jpg