検索

【コロナウイルス感染拡大下での診療対応について】

皆様ご周知のこととは存じますが、コロナウイルス感染症は多彩な症状を示し、また極めて軽症の方から生命の危険にさらされる方まで様々であることが知られています。


外来受診された時点で、症状からコロナウイルス感染の可能性が否定し切れない方は、診療所外の車中等で、応急的に対応させていただいております。

また、必要に応じてPCR検査等対応しています。


他施設でもほぼ同様の対応かとは存じますが、

改めてご理解、ご協力いただければ幸いです。


院長 栗田 信浩

最新記事

すべて表示

この度は、院内コロナ感染疑いによる休診で、大変ご迷惑をおかけいたしました。 無症状でありましたが、2月22日、私本人が学会行事参加予定前であるので、 念のため施行したPCRで、陽性の結果でした。 しかし、その後も全く症状がないので、2月24日に再検査したところ 陰性の結果でした。また主な院内スタッフも全員陰性でした。 実際にコロナ感染があったか否かは明らかではありませんが、中途半端な対応は 不適切

内視鏡の最新機種を導入いたしました。詳しくはメニューから「内視鏡について」をご覧ください。